【椎間板ヘルニア】レントゲンに原因はうつらない!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

東川口よつば整体院、よつば整体大学学長こと溝口です。

 

腰痛を抱える患者様は、

だいたい最初に整形外科さんに相談に行きますよね。

もちろん全然悪いことではなくて、むしろ正しい判断で、僕としては先にレントゲンとか撮ってもらったほうが助かることがあります。

ただ、1回だけお医者さんに言われたことを飲み込んで、考えて頂きたい。

特に、「あぁ、骨と骨の間が潰れてますね」これを言われた時です!

 

これからお話しさせて頂くことは、

  • レントゲンのみで判断を決めない方がいいですよ
  • たとえMRIに入っても筋肉の状態はわからない
  • 筋肉のプロは整骨院、整体院にいる

この3つについてです。

 

▼レントゲンのみで判断を決めない方が良いですよ

レントゲンは基本的に骨しか映らないんですね。

骨と骨の間が潰れているというのは、間にあるクッション(椎間板)が潰れているということなんですね。

これは写真に写ってますから事実だと考えられます。

ただ、事実を受け止めた上で考えて頂きたいのは、「なぜ、潰れたのか?」ということなんですね。

上から強い衝撃を受けたとか、体格が大きいとか、あくまで僕が施術してきた経験からですが、どうやら筋肉の硬さに原因があることが多いです。

 

▼たとえMRIに入っても筋肉の状態はわからない

MRIは本当にすごい機械だなと思います。

体の中を撮影できる、これで神経とか骨の形状とか脂肪とか癌とかわかりますからね、本当に素晴らしい発明ですよね。

ただ、筋肉の硬さはちゃんと触らないとわかりません。

痛みの原因が筋肉の硬さにあったら、そこをずっと見逃したままになってしまうんです。

なので、一度は、自分の姿勢を見たり、腰のあたりを適当に触ってみたり、足を適当に触ってみたりして下さい。

きっとコリっとした硬い感触があると思います。

 

▼筋肉のプロは整骨院、整体院にいる

腰痛、五十肩、頭痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など、一見、整骨院や整体院だと治療はできないんじゃないか?

そう考えて、なかなか相談に来ない患者様がいたりしますが、上にあげた症状や疾患は、痛みとか痺れの原因が実は、筋肉の硬さにあったりするんですね。

もちろん、症状や骨の状態によってはそこが明らかに原因になっていることはあります。

そこの判断が難しいところなのですが、何か1つ症状を改善しようと思ったら、必ず全身を評価する必要があるんですね。

全身を評価しないことには治療は始まらないです。(僕の場合ですけど)

なので、今回記事が長くなってしまったので次回の記事で改善の方法の提案をしていこうと思います!

 

 

▼まとめ

今回は、たとえレントゲンとかMRIで

お医者さんが「痛みの原因はここだ!」といってもこの記事を読んだ皆さんは、「いや、待てよ、まだ原因は筋肉にあるかもしれない!」

こう考えて頂きたいんですね。

先ほども書いたように次回の記事で、改善方法のご提案をしたいと思います。

ではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です