【解決】股関節の痛み!

立って前屈するとき、

動きのほとんどは、股関節。

 

はい、皆さんこんにちは

慢性症状の根本改善専門の溝口です。

 

今回の記事はですね、

股関節がテーマです!

股関節を曲げたり、足を後ろに引く動きですね、

ここに注目してお話していこうと思います!

 

字で読むとすごくわかりずらいんですけど、

歩くとき、走るとき、階段を昇るときとか、

日常生活の中では欠かせない

動きですよね。

 

なので、体の構造的には、

がっちり守られている場所ではあるんです。

なので、大きな怪我をしてしまうことは

すごく稀です。

 

でも、体の真ん中にあって、

かかる負荷は常に大きいです。

なので、痛みがでることはあります!

そんな股関節について今回は、

  • 硬さを放っておくと、どうなるか?
  • 痛みが出たとき、どうしたらいいか?

についてお話します!

 

硬さを放っておくと、どうなるのか?

最初に簡潔に書いておきましょうか、

  • 腰に痛みが出る
  • 膝に痛みが出る
  • 肩が上がらなくなる
  • むくみが出る

パッと思いつくのはこの症状たちですね。

 

腰と膝に痛みが出るのは、

腰と膝の間に股関節があるんですけど、

股関節に限らずですね、

一か所硬くなると、両隣に

痛みを出すことが非常に多いんですね。

 

例えば、膝が硬くなってきたら、

両隣の、足首と股関節、ここに痛みを出しやすいです。

両方に痛みを出す場合もあれば、

どちらか一方に出したりします(こっちの人が多い)。

 

やっぱり硬くなってしまった関節を

フォローするには、両隣にある関節や

大きな筋肉がフォローしやすいんですね。

その分、負担が増えて痛みになってしまいます。

 

肩が上がらなくなってしまうのは、

筋膜の繋がりがあるからなんですけど、

肩が上がらない患者さんの

お尻の筋肉を押してあげて、

腕を上げてもらうと結構上がるようになります。

 

お尻から腕にかけて広背筋という

筋肉がくっついてるので、

股関節の硬さが腕に出ることも

あるんですよね。

 

最後むくみなんですけど、

けっこう太い血管が股関節の中を

通るんですけど、筋肉が硬くなると

ただでさえ下から持ち上げないといけない

血液なのに、股関節の筋肉がそれを邪魔して

しまったらそれはもう、なかなか

持ち上げられないですよ。

 

足の疲れをため込んだ血液が

足にたまってしまうので、

股関節が硬いのは、

むくみになりやすいんですね。

なので、最初に書いた、

  • 腰に痛みが出る
  • 膝に痛みが出る
  • 肩が上がらなくなる
  • むくみが出る

これらの症状たちが出てくるんですね。

 

じゃぁ

痛みが出たとき、どうしたらいいのか?

これはですね、

動画を撮ったので、動画でどうぞ!

【股関節】寝ながらできるセルフケア
何か、個別に相談したい事、 聞いてみたい事などがありましたら LINEで24時間いつでもメッセージを送れるので そちらからお気軽にご相談ください! LINEお友達追加はこちらから youtubeの動画とブログはセットになっているので、 より詳し...

 

抱えている症状のことや、

相談してみたい事、

体に関してわからないことなど

何でもお気軽にご相談ください!

友だち追加