椎間板が潰れていることは腰痛の原因になるのか?川口市東川口よつば整体院

勉強になる話

はい!

皆さんこんにちは!

よつば整体院の溝口です!

本日もブログをご覧いただき

ありがとうございます!

 

腰痛で悩んでいる人、非常に多いと

思うのですが、その中でも、

まず、整形外科の先生にレントゲンとか

撮ってもらったり、最初から整骨院、整体院に

行く人がいると思うんですけど、

 

レントゲンを撮って先生に、

「骨と骨の間が狭くなっていますね」

と言われたこと、ありませんか?

 

今回の記事ではですね、

骨と骨の間が潰れていることが本当に

腰痛の原因になるのか?

ということについてお話をしていこうかなと思います!

椎間板が潰れていることは、痛みの原因にはなりません!

 

まず、最初に結論から言わせてもらうとですね、

もちろんあくまで僕の考えではありますが、

骨と骨の間のクッション(椎間板)が潰れていることは

腰痛の原因にはならないです!

 

確かに、潰れていると痛そうですよね?

 

でも多くの人が痛める場所というのは、

実は、腰の真ん中に近いですが、

右か左かどっちかです。

 

または、腰全体的に重だるいような痛みが

続くような感じですよね?

 

ここで僕の頭に浮かぶ疑問があります。

どうして、クッション(椎間板)が潰れているのに、

潰れている場所からずれた場所が痛むのか?

ということです。

 

不思議じゃないですか?笑

潰れていたら、そこが痛くなりそうじゃないですか。

でも多くの患者さんが、背骨か少しずれた場所に

痛みを抱えるんですね。

 

それはなぜかというと、

筋肉が硬くなっているからです。

 

背骨の周りには、

大きい筋肉から小さいこまごました筋肉まで

いろんな筋肉がまとわりついています。

 

そのまとわりついている筋肉たちが

硬くなってしまって痛みが出ているんですね。

 

レントゲンを見て、腰の椎間板が潰れているのは

事実だと思います。

腰というのは、体の負担が一番大きくかかる場所です。

 

ただ、

 

大きな負担を抱えているのは、

椎間板ももちろんそうですが、

潰れてしまった椎間板の周りにある

筋肉にも大きな負担がかかるんですね。

 

そして、骨を動かすのは必ず筋肉です!

筋肉が伸び縮みすることで骨が、体が動くからです。

 

何が言いたいかと言いますと、

椎間板が潰れてしまう原因が

筋肉にあるということです。

 

筋肉が硬くなることで、

ブロックのように重なった背骨を

近づけてしまい、その結果

レントゲン写真に椎間板が潰れたように

映ってしまうんですね。

 

なので、椎間板が潰れていても

腰痛を改善するために

施術するべき重要なポイントは

実は、筋肉にあります!

 

なぜ、そうなってしまったのか?

というところまでしっかり考え、

重要なポイントを施術することで、、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

腰の痛みが酷く2時間しか仕事が

できませんでしたが、

今では酷い痛みが無くなり1日中

仕事ができるようになりました!

川口市 70代


腰と膝の痛みが無くなり、

今では、快適になりました!

さいたま市 50代


腰の痛みが無くなり、再発予防まで

自分でできるようになりました!

蕨市 40代 男性


その腰痛の原因を突き止め、

本気で治したい方はこちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


腰痛を本気で治したいけど、忙しい!

そんなあなたのために

LINEで24時間いつでも

お問合せ下さい!

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、

肩こり、頭痛などなんでも

お気軽にご相談ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

もちろんお電話でもどうぞ!

※外出中や施術中の場合お電話に出れない場合があります。

誠に恐れ入りますが、留守電に「お名前」「症状」

「希望のお日にち」を残してください。

後ほどかけなおします。

また、できる限りメールもしくはLINEでの

お問合せをお願い致します。


最後まで記事を読んでいただき

ありがとうございます!

最後まで読んでいただいたあなたに

ブログ限定特別価格のお知らせ

1日1名様限定

通常初回7000円500円です!!

ブログを見ましたとお伝えください。


住所 埼玉県川口市戸塚東1-11-17 エムズ203

受付時間 10時~21時 完全予約制です。

定休日 火曜定休 その他不定休(土日もやってることが多いです。)

お車で来る場合は近くのコインパークにお願い致します。

(お電話かメール、LINEで場所をお伝えします)