【解明】腰痛の原因・・!

勉強になる話

はい!

皆さんこんにちは!

 

溝口です!

本日もブログをご覧いただき、

ありがとうございます!

 

はい、

今回はですね、

腰痛の原因について

書いていこうかなと思います。

 

普段の施術では、

ここが原因です!

というふうには、考えず、

患者さんの体にどんな

歪みがあるのかを評価して

施術をしているんですね。

 

なぜなら、

 

歪みが痛みの原因だからです。

 

ですが、それでもやっぱりですね、

原因てなんですか?って聞かれることが

非常に多いので、

今回はですね、

多くの人に見られる

腰痛の原因について

書いていこうかなと思います。

 

原因その1!

これは、

 

お尻の筋肉の硬さ!

 

もうこれですね!

硬い人が非常に多いです!

お尻の筋肉が硬くなってしまうと、

股関節の動きが非常に

悪くなってしまうんですね。

 

股関節の動きが悪くなると、

体を前屈させたりとか、

体を後ろに反ったりする動きが

硬くなるんですね。

 

股関節が動かなくなって、

体の動きも悪くなってしまった場合、

それを補うように

本来、体の前屈や反ったりするときには

あまり使われない筋肉や関節、

腰痛の場合

腰骨(背骨)やその両脇にある筋肉に

多大な負担がかかるようになってしまいます。

 

本来ならあまり負担がかからないのに、

体の動きが悪くなることで

大きな負担がかかるようになり

腰痛になるケースが多いですね。

 

原因その2!

これは、

 

ふくらはぎの硬さですね!

腰痛を抱える患者さんの多くは、

ふくらはぎの筋肉が硬くなっている

ことが多く、ふくらはぎの筋肉を

ほぐしたり、柔らかくしてあげると

体を後ろに反る動きが

楽になったりしますね。

 

ふくらはぎと腰の筋肉には

繋がりがるので、楽になるのですが

ふくらはぎは第2の心臓とも

呼ばれていて、

柔らかくしておくと循環も

一緒に良くなります。

なので、

腰痛ではない方もほぐして柔らかく

しておくといいと思います!

お尻、柔らかい??

 

今回ご紹介させていただいたのは、

腰痛の原因のまだ一部です。

 

他にも考えられる原因というのは

まだまだたくさんあります。

 

お尻の筋肉とふくらはぎ、

この二つをほぐせば

腰痛は少しはですね、

治まるはずなので

トライしてみてください!

 

今回はですね、

多くの人に見られる腰痛の原因

のお話でした!

 

また、次の記事で

今回書ききれなかったことをですね

書いていこうかなと思います。

 

また、次回のブログで

お会いしましょう!

 

-溝口 寛久

 

 

 

P.S.

今すぐ腰痛を改善したい!

という方は、まずはご相談から

どうぞ!心よりお待ちしております。

 

友だち追加