そのストレッチ、意味ある??

勉強になる話

はい!

皆さんこんにちは!

本日もよつばのブログにお越しいただき、

ありがとうございます!

 

最近動画の編集に少し

面白さを感じている溝口です。

 

 

さて、今回の記事はですね、

むやみにストレッチするな!

っていうお話ですね。

 

よく患者さんにですね、

「先生、自宅ではどんなストレッチ

したらいいですか?」

って健康に対する意識が非常に高い方に

聞かれるのですが、

中には、特に必要ないなぁと

思う方もいるんですね。

 

特に、もともと体が硬くない人なんかは

ストレッチの必要はないんじゃないかって

思いますね。

(その人がどうなりたいかにもよりますが)

 

筋肉の状態、なんて言われました?

あくまで、私の考えではありますが、

その人の体を考える上で一番大事だなぁと

思うことは、

その人の体が今、どんなバランスなのか?

っいうところを大事に考えて施術しているのですが、

 

筋肉が、

ぎゅっと詰まって硬くなってる状態なのか、

それとも、筋肉が

ビーンと張った状態なのか

 

これを見分けることが

ストレッチが必要か、必要ではないかの

判断の基準になっています。

 

凝ってる筋肉、張ってる筋肉

ストレッチしていいんじゃないかなって

思うのは、

凝ってる筋肉ですね!

 

筋肉が

ぎゅっと詰まって硬くなっている状態の

筋肉はその凝り固まった部分を、

ほどくようなイメージでストレッチ

していいかなと思います!

(心地よく感じる程度にね。)

 

ただ、張っている状態の筋肉!

これは、ストレッチしても

体が悪くなるようなことは無いと

思いますが、良くなることもないんじゃ

無いかなぁって思うんですね。

 

私自身、そこまで根気強くストレッチを

やっていたことが無い

(目的が疲れを取ることでした)

ので何とも言えないのですが、

張っている

という状態を考えたら、

あんまり意味が無いように感じますね。

 

だって、

すでに

ビーンって

伸びてんじゃん。笑

 

すでに伸びてる筋肉を

まだ伸ばすんだって思ってしまうんですよね。

 

筋肉の状態の見分け方

すごくわかりづらいかもしれませんが、

とりあえず、気になる筋肉をストレッチ

してみましょう!

ちょっと嫌かもしれませんが、

筋肉の絵が描いてあるものを見ながらが

良いですね!

 

筋肉が張っている状態であれば、

筋肉が全体的に伸ばされる感じが

あると思います!

 

筋肉が凝っている状態であれば、

1本の筋しか伸びていないような

感じや、端から端まで伸びずに、

一部分だけ伸びている感じが

あると思います!

この感覚かなぁと思ったら、

そこをグリグリしてみてください。

なんか硬いのがあれば、それが凝りです!

そのままグリグリほぐすか、

ストレッチ続けてください!

(わかりづらいですかね?笑)

 

ストレッチ、まだやってんの?

 

 

まとめ

今回の記事はですね、

むやみにストレッチはするな

っていうお話でした。

 

ただですね、

これは、腰痛とか肩こりとか

膝の痛みで悩んでいて、

そういう悩みをどうにかしたい!

っていう人たちに向けに書きました。

 

何か競技をやっている人とか、

生活には困っていなくて、

ただ何となく体を柔らかくしておきたい

っていう人たちは、

ストレッチ、どんどんやってください!

できればその前にですね、

体の歪みをしっかりとってほしい気持ちは

あります!

 

歪みが原因で、体が硬くなっている部分も

あると思うので、できるだけきれいに

整えてから始めることをお勧めします!

 

-溝口 寛久

 

PS.

体の歪みを取って症状改善したい方

ご連絡お待ちしております!