#1 人の体は痛みを感じるようにできてます。

勉強になる話

 

こんにちは、よつば整体院の溝口です。

よつばブログにお越しいただきありがとうございます。

ここではですね、ブログを読んでいただいている皆さんに、

大事にして欲しいなぁーと、思うことをですね、書いていきます。

主に、体のことだったり、健康にかかわることをですね、

書いていこうと思うのですが、、、

何が知りたいですか?!っていろんな患者さんに聞いてもですね、

「うーん・・・」みたいな返事が非常に多いんですね。笑

皆さん、自分のことは自分で治療を受けに行ってですね、担当してくれた先生に

いろんな説明を受けて、説明に納得しているからだとは思うんですけど、

ちゃんと、治ってますか??笑

このブログを読んだところで、体が良くなるなんてことはないと思うんですけど、

ただ、

体に対する考え方だったり、

体との向き合い方は、

なんとなーく、変わるのではないかなぁーと思います。

この二つが変われば、今後の皆さんの体のための行動が変わって良い方向に

向かっていくと、思っています。

 

はい、ということで、今回のブログの本題です。

人の体は、痛みを感じるようにできてる!!

 

なんで、痛みを感じる必要があるんですかね?

だって、痛みを感じさえしなければ、痛みのない体になれるんですよ?!

痛みを感じなければ、今、何かの症状で悩んでいる人の悩みは解消されるわけですよね?!

最高にハッピーじゃないですか!!

 

はい、

 

というわけにはいかないんですね、残念ながら。。。

なぜ、痛みを感じるようにできているのか、

 

それは、、

 

分かっている人もいるかと思いますが、

 

痛みは、体を守るために、絶対に!!

必要なんですね。

施術を受けに来ていただいた患者さんにはよく説明しているのですが、

痛みというのは、体から皆さんに向けられた

危険を知らせるための、サインなんですね。

 

サインに込められた意味。

 

体はですね、皆さんに直接何かを語りかけることはできません。

なので、体は様々なサインを出して体に異常があることを知らせてくれています。

そのうちの一つが、痛みですね。

 

その痛みという一つのサインでいろーんな意味があるんですね。

例えば、常に痛い場合と、ある条件でのみ痛みが出る場合で考えてみてください。

 

常に痛い場合

これは、痛みが出ているその場所に問題(切り傷とか捻挫とか)が発生していたり、

体が早急にどうにかしてほしい問題があったり、休んで欲しい場合などに

常に痛みを出していると考えられます。

 

次に!

ある条件でのみ痛みが出る場合ですね!

これは、例えば、普通に立っているときは痛くないのに、

前にかがんだ時に痛みが出てしまう、とかそんな感じですね。

腕を上にあげると肩に痛みが出るとか、ある動作で痛みを出すことがあります!

これは多くの人が経験していると思うのですが、

なぜ、体を動かしたタイミングで痛みが出るのか、、、

それはですね、

そういうふうに体を動かすと、体がどんどん壊れていきますよーっていうサインなんですね。

体は、痛みの出る方向に体を動かして欲しくないのです。

壊れてしまうからです。

男性の患者さんに非常に多いのですが、痛みを放っておく人がいるんですね。

うん、やめてくださいね。笑

LINE@登録者限定ですが、

痛みについて少しお話したものがあるので、サンプルにどうぞ。

よつば動画#3 痛み、バンザイ!!

注意! 喋るの下手です。

まとめ

今回の記事でわかっていただきたいことは、実は、2つあります!

一つは、痛みは体にとって、体を守るために必ず必要な、大事な感覚であるということ!

そして、もう一つが、あなたにはあなたの意志があります。

同じように、体には体の意志がある、とういことです。

 

ここで、

質問です。

 

あなたは今、どれだけ自分の体の意志を感じ取れますか?

もし、多くの意志をちゃんと感じ取ることができれば、

あなたの症状は、劇的に良くなり、自分で良くすることができれば、

あなたの体の悩みのほとんどが解決されるでしょう。

体の意志が何なのか、すぐに誰にでもわかるものではないですが、

トレーニング次第でわかるようになります。

少し怪しいような話ですけどね。笑

ご興味のある方、ぜひ当院にご相談してみてください!

今回は、痛みについてこんなお話で終わりたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

LINE@にお友達登録していただくことで、今回のブログの内容や、

誰でもできるワンポイントのテクニックなど動画で配信させていただいてるので、

そちらも併せてご利用ください!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!